出版 コンサル ベストセラー

公開日2020/7/20 最終更新日2021/7/30
本稿はストレッチには全然関係ありませんm(__)m 本を出してみたい、本を出し有名になりたい、という人のための体験記です。

 

番外編:出版界の常識を覆したゼロからのベストセラー、奇跡の執筆奮闘記

 

出版界の人脈ゼロから独力で商業出版にこぎつけ、2019-2020年のスポーツ本ベストセラーとなった「自分史上最高の柔軟性が手に入るストレッチ」(かんき出版)。

出版に至るまでの軌跡・思い出などの備忘録ですが商業出版にトライする方の参考になれば幸いです。

 

ただし、初めに断っておくと、あなたがよほどのネット有名人でもない限り、コネなし・出版実績なしの飛び込みで自己流の企画を提案しても採択される割合は1%以下の狭き門です。

知名度ないところから商業出版に至るだけでも十分奇跡ではありますが、毎年8万点以上といわれる膨大な数の新刊書籍の中でさらに本書をベストセラーに仕立てあげたストーリーはまさに出版界の非常識であり、奇跡というにふさわしいのです。

ま、それでも私自身がそれを実現したわけですから無理ではありません。

というより、いびつな出版界の特性を知って正しく行動すれば、勝てる可能性は飛躍的に上がると感じています。

 

 

その瞬間、私の中で出版企画がまとまった

私は高校生でほんのちょっと器械体操部に所属していた頃から180度開脚ができたし、ストレッチにはまあ自信があった。

2018年4月、当時通っていたバレエ教室で本書の著者になっている村山巧氏のストレッチセミナーの存在を知る事になった。半信半疑で参加した私だったが、体験してみて、本質はPNFと筋膜リリースの組み合わせだとすぐに悟った。私の運動知識と帰納的推論能力の賜物だ。

セミナーを受けながら、そういえばPNFを前面に出した書籍ってほぼ存在しない、筋膜リリースは高齢者向けの腰痛改善というスタンスの書籍しか存在しない。。。

簡単で、速効性があり、再現性も高い、、、これなら本になる!柔軟王子の名前で売り出そう!とひらめいた。

偶然だが村山氏とは自宅が割と近いこともあり、本を出してはどうかと持ち掛け、勝手に企画書を書くことにした。

 

 

 

出版企画書を作成・出版社へ送付

セミナー直後、2018年5月頃から出版企画書を作成した。

とはいえ、こちらも本当に出版に漕ぎつけるのかについては半信半疑だし、教えてくれる人がいるわけでもなく遅々として進まず、後で考えればここで半年の無駄が生じてしまった。

出版コンサルタントと言われる職業の人がいることは知っていたが、タダってわけにもいかないし、まずは自力でということで、ネットで出版企画書なんてものを調べながら制作を始めた。

村山氏に一部を書くように依頼するも残念ながら要領を得ず、結局、自力ですべて制作することとなった。

 

企画書は全5ページ程度が相場ということなので分量自体は大したことは無いが、要点を抑えることが極めて重要。

1ページ目で惹きつけられる(=ちゃんと目を通してもらえる)

類書が多い(=市場があるということ)

類書と何が違うのか(=斬新な切り口)

著者の業界での知名度や実績(=販売部数が見込めるか)

こういったあたりがキーポイント。出版実績無いところから出版に漕ぎ着けるにはかなり尖ったというかキラリと光る要素が必須だ。

せっかくなら東京大学の人脈をたどろうとも考えたが、出版社の知り合いなど皆無。。。でもないが、文藝春秋の記者では足しにならないので結局ゼロベースからの出発となった。

 

協力者もなく、だらだらと推敲を重ねてきたのだが、が年末も近づいてきた2018年11月、このままではいけないと考え、いよいよ本気モード。一人で勝手に走り出した。

改めて企画書の体裁を整え、過去にストレッチとか筋トレの本を出している出版社を調べ、計95社に企画書を勝手にA4封筒で郵送した。出版実績があるジャンルの本なら高い確率で乗ってくるだろうとの思いだった。

我ながらよくできた企画書、5社くらいは反応があるのでは?

出版界の実情も知らない私は一人で勝手に盛り上がっていた(後で書くが、出版業界の実情を知っていたら本を書いてみようなんて思わなかったかもしれないけど)。

 

2週間たったころ、ある大手出版社から郵送でお返事が届いた。

おっとこれはもしや!と開封するも「残念ながら見送らせて頂きます」とお断りの通知。それが5件ほど続く。

ちなみに、出版社には膨大な持ち込み企画書が届くため、返事すらくれないのが普通。断りの返事をくれるだけでも良心的な会社であり、基本的に無視されると思っておくべきである。

 

プロの出版コンサルタント(実体はブローカーに近いと感じるのだが)を介して提案の出版社先を厳選しても打率は1割未満と聞いていたので出版に関してはド素人である私の企画書がそう簡単に採用されないであろうことは想定の範囲内だった。

とはいえ、発案から半年、時間をかけて何度も推敲して知力を結集し、全力で作り上げた企画書である。

自信があっただけに心が折れる体験だった。後から編集者さんに言われたところでは、コネなし・出版実績なし・飛び込み企画提案で採択される確率は1%以下だそうだ(たぶんもっと低くて、20年編集者をやって聞いたことが無い、と)。

3週間ほど経過して全滅を悟った私は、ダメでもともと、インターネットで持込企画受け入れを表明している出版社を調べ、追加で3社に改めて企画書を送った。最後の悪あがきであった。

 

音沙汰ないまま、さらに約3週間が経ち、「これは料金を払ってコンサル業者に任せるしかないのか」と考え始めたころ、1通のメールが届いた。

かんき出版編集部Sさんより一度話を聞きたい、との連絡だった。

今でも送付先出版社のリストを残しているのだが、かんき出版は98社目に名前を挙げた、まさに最後の1通だった。

 



 

企画会議を通過・商業出版確定!

まずは第一関門突破だが、ここからが本当の勝負(っていうか、本当の勝負がこのあとずーーーっと続くことになるんだが)。

出版社内の企画会議に出してもらって、OKをもらわなければならないのだ。

12月19日、年の瀬が迫ったタイミングで編集部のSさんと初対面。

まずはSさん自身にこのノウハウを気に入ってもらわなければ始まらない、ということで半ば強引に足裏ほぐしを体験してもらい、効果を実感していただくことにした。作戦は奏功、喜んでもらえた。

編集者視点からの意見としては、「方向性は良いが、企画会議にかけるにあたり、もっと尖った感じにしたい」との由。

横開脚の本はたくさんあるので、その中で実績ない著者で本を売るには十分に奇をてらうというか目新しさが必要、という考えなのだ。

前後開脚をテーマにして企画書を修正して欲しい、「一日10分一か月で前後開脚できるプログラム」を作って欲しいという依頼だった。。。

正直これは困った。いくらなんでも無理筋っぽいな、と。大げさに煽る内容で本にしたところで「実際にそんな効果がない」とあとで叩かれるのが目に見えている。。。

 

打ち合わせ後、私からの確認メールはこんな感じ。
『「中上級者向け、全身の柔軟アップ」という方針で企画書作成しましたが、今回は「一般読者向け、前後開脚にフォーカス」に方針転換して企画書を修正するということでよろしいでしょうか』

出版社内での企画会議は月二回、1月は新年早々の1月9日と聞いた。

ここは一気に勝負を決めたい私は勝手にスピードアップ。翌日には企画書を書き換え、速攻で再度送った。

 

企画会議の結果は大筋でOKが出たとの連絡があった。社内会議の結果、一部方針を変更。

・メインの対象読者を「30~50代女性」から「アンダーアスリート(一般人でも割と本気でスポーツに取り組んでいる層、くらいの意味)」に
・書店では「健康の棚」ではなく「スポーツの棚」に置くイメージの内容にする
・「前後開脚」ではなく「ストレッチ全般」を前面に打ち出す
・参考の類書を想定し、「簡単」で「すぐ効果が出る」ことを打ち出す
・美容面や健康面だけでなく、スポーツ面などの観点からの変化を打ち出す

ということで改めて結局方針を変更、「初級から上級まで対象、全身の柔軟アップ」で行くことになる。

結局、当初の企画案に戻った感じだ。

 

再度企画書を提出、めでたく合格となった。

よし、商業出版決定!

とはいえ、当時の私には、ここからさらに大変になる事など知るべくもなかった。。。

 

 

台割り・ラフ作成

2月5日、出版決定後、初の打ち合わせ。なにしろ出版は初めてだから知らないことが盛り沢山、というか知らないことばかり。

台割り、ラフ、撮影、原稿という大まかなフローをご教示頂いた。

 

最初にやることは台割り作成。

台割りとは全160ページとして各ページの内容を項目だけ一覧表にするというもの。本の設計図であり、とりあえずの目次といったところ。

今回の例で言えば、2章・3章が主になるのだけれど部位をどのように分けるのか、それぞれ何ページ割り当てるのか、どんな応用ポーズを取り上げるのか、モニターページを冒頭に入れよう、コラムはどこに入れるか、その内容はどうする、など大まかな計画を立てる。もっとも、具体的な内容が全然決まらない状態なので全くの暫定版で後々の変更は当然に生じる。しかし、これをやっておくことで、全体の流れ・どこに重点を置くのかというようなことが明確になり、分量も100ページじゃ足りないなとか200ページも書くことがなさそうだ、などといったことが決まってくる。

ちなみに普通の本は4枚重ねの紙が二つ折りで8枚16ページがベースとなっていて、それを集めてできているとこの時、初めて知った。だから本は概ね16の倍数ページで作られている(もちろんページ番号をどう振るかは別問題)。なので普通の単行本だと通常、144・160・176・192・208・224ページみたいな選択になる。そのため、2ページ増やすならあと14ページ分、追加で考える必要が出てくる。

今回はわかりやすく160ページで決定。台割は2月中に作成することとなった。

 

次にラフ作成。期限は3月末。

ラフとは台割りをもとに、各ページのおおよその構成を決めていくおおまかな原稿・下書きのこと。この辺にこんなポーズの写真があって、こんな説明があって、とか台割りをもとにさらに具体化していく。デザインの段階で大幅に変わるのでこの段階ではレイアウトとか色とかにこだわる必要はあまり無い、と後で判明。

ラフの書式は自由と言われたため、MicrosoftWordで作り始めたり、寄り道を随分しながらいろいろやって結果、使い慣れたパワポでラフを作成。編集者からはパワポでラフを作った人初めてだと言われたが、写真メインの本はPowerPointが関係者全員にとってやりやすいはずだ。

言葉だけでコチラにこんなポーズの写真、アチラにあんなポーズの写真ということだと他の人にはピンとこないので、自分の写メやらネット画像やらを並べてイメージを具体化していく。

 

さらにモデルは誰にする?モニターさんは?各ページの内容は?カメラマンは誰?決めることは山盛りだ。

できれば知り合いに頼んでお金かけずにやりたい。男女モデルの本なので、女モデルはバレエ教室の先生みきちゃんでいくとして男は俺が自らやると主張するも、編集者さんは若い人がいいという感じで平行線が続いた。最後は押し切って自ら登場することとなった。俺が出ないと全くのゴーストライターになるわけで俺が売る理由が無くなるわけでこれは重要な分岐点だったといえる。

ちなみに出版社の編集者は制作にあたり全面的な裁量をもっていて、編集者を説得できればこちらの希望の進路に誘導することができる。本書でもカメラマン・挿絵・メイク担当を私の知り合いで固めることに成功した。

 

ということで、企画・執筆・モデルを私が担うことになった。私自信が著者を名乗りたかったが、著者の名前はストレッチ界の知名度がある村山氏で、ということに決まった。商業出版はあくまで出版社がコスト・リスクを背負うわけで出版社の考えが最優先となるので致し方ない。

 

4月中に撮影、6月に原稿完成、本の発売は最短で7-8月くらいというざっくりしたスケジュールが決定。

ハッキリ言ってこの時点では、写真メインで動きやポーズに関する簡単な説明が大半だから原稿は簡単に終わると思っていた。。。

 

 



 

写真撮影

2019年4月3日、ラフ原稿ができたところで打ち合わせ。

3週間後の4月21日に撮影日が決まった。カメラマンは特に決まってないというので知人を紹介した。数年ビジネス交流会に出ていると大抵の業種に知人がいるので結局、カメラマンだけでなく、メイク担当、挿絵のイラスト担当も知人をあてがってもらった。

なにしろ、大きなコストがかけられない。会場代もいらないところがいいということで、バレエ教室だの公民館だのと案は出たが結局、コストはかかるもののきれいな白い壁がある撮影専門スタジオに落ち着いた。

体験モニター7名、年齢・性別・運動経験バラバラでギリギリになってかき集めた。高齢者を1人くらい入れたいということで私の母まで動員することとなった。

 

撮影までにどのページのどこにこんなポーズの写真、という感じで細かなとこまで決まっている必要があるわけで撮影前に概ね内容が確定している必要がある。原稿をどんどん埋めていき、準備を進めた。

21日、青山のレンタルスタジオに朝8時集合。

思った以上にスタジオは狭くてモニターさんが7人もやってきたらパンパン。

無論、準備はしていったが私自身がモデルもやりながら、撮影の指揮もやる、という体制だったので思ったより時間がかかった。

結論から言うと300ポーズ以上の写真を撮るには5時間では全然足りなくて時間切れ終了。

平成から令和に変わったゴールデンウィーク、10連休の長い休みの間に、膨大な写真の中からどれを採用するかを選ぶ作業に追われ、連休後、補足の撮影が決まった。

 

 

原稿作成本格化

撮影が終わると原稿作成が本格スタートした。

まずは見開き2ページのデザインをして頂くことになった。なのでそこの原稿だけでも完成レベルの原稿にする必要がある。
ちょうどこのころパカッと開く特殊な製本技術であるコデックス装のことを印刷会社の社長から教わり、出版社には本件にぜひ採用してほしいと進言した。

コデックス装となると製本コストは高いし、時間もかかるのだが、「脚も本もパカッと開脚」私の中では勝手にキャッチフレーズも出来上がった。思い返せば、コデックス採用はここがギリギリのタイミングであった。発刊後、予想通りコデックスが高く評価されたことを考えればこれまた大きな分岐点であった。後日お会いした出版社の方からは、50年も本を作ってきたけどこんなスゴいアイデアは初めて見たと言われた。ちなみに本書以降、コデックスのストレッチ本がポンポン出ている。出版業界は、2匹目のどじょう狙いがデフォルト戦略なのだ。

これまでは写真撮影に間に合わせるために、写真レイアウトやポーズをどうするかに主眼があって、説明などはおざなりに考えていたのだが、わかりやすい表現を考えて細部まで文字を見直す。文字ばかりのページもいくつかあるので文章ページもおおむね固める必要あり。数ページであってもしっかり書こうと思うと時間はかかる。

 

こういうときは類書を参考にするのがやはり早い。

流れを真似たり、アイデアを見るため執筆に当たり、図書館で借りた本は役に立たないものも含めれば50冊をゆうに超える(100も超えてると思う)。

5月21日、仮デザインが届いた。2種類ポップな感じとちょっとマジな感じ。編集者さんと話した結果、両者の中間っぽくいくことになった。基本、デザインに関しては一応意見を聞いてもらえるものの出版社にゆだねるのが商業出版における暗黙のルールだ。

本らしくなってきたのでこちらも俄然スピードアップする。動きの説明や細かな表現とかどんどん埋めていく駆け込み作業が続き、できたページから順次デザイナーに送付する。

予定通り、5月末に一応全ページの原稿が完成した。

 

 

ああ、果てしない校正作業

同じタイミングで早く提出した原稿のデザインが上がってきた。ここからは校正に入る。

校正とは、誤字脱字の修正、です・ますを整える、わかりやすい表現に改める、といった作業。

やってみてわかるのは、これらは比較的簡単というか気づきやすい。読んで違和感があるから。

 

一番厄介なのは表記ゆれの統一だ。例えば「ひざ」「膝」「ヒザ」を「ひざ」に統一するというもの。個々のパーツは読んで意味が通じるので、よほど意識してみていかないとスルーしてしまう可能性が極めて高い。例えば半角英数字と全角英数字が混同していることに気づいたのはかなり終盤だった。

なお、校閲と校正という言葉がある。校正は上述のように形式面のチェックを指し、校閲はウソが無いか、矛盾が無いかという内容面のチェックにかかわるものを指すようだ。

校正は大変手間がかかる作業で今はPCで全文検索が簡単にできてしまうけれど、以前は大変だったろうな、というかどうやってたんだろう。

この作業は大変な割には付加価値があまりなくて、これこそAIで自動化されるべき仕事と強く感じた。

参考までに今回の校正で表記統一した用語の例としてこんなものがある。

 

原稿の表記→→→統一後

ひざ・膝・ヒザ→→→ ひざ
ひじ・ヒジ →→→ひじ
かかと、カカト →→→かかと
もも・太もも・モモ →→→もも
体側・体側部→→→ 体側部
本書・この本 →→→本書
体・カラダ・身体 →→→体
ページ、頁、P→→→ P
一人、1人→→→ 1人
是非、ぜひ →→→是非
もも前、ももの前面、ももの前側・前もも、もも前面 →→→もも前面
もも裏、ももの裏面、ももの裏側、もも裏面 →→→もも裏面
掴(む・んで)、つかむ →→→つか

 

話をもどそう。

表現を改めたり、字句を統一したりと修正を赤字で手書きし、送り返すというキャッチボールが続く。はじめは1週間おきだったキャッチボールがだんだんペースが上がり、2日以内に返信、翌日に返信という具合。

そして締切直前は6時間以内に返して!みたいなことになっていく。原稿の制作に取り組み始めて丸4ヶ月の戦いについに終止符!

あとは本になるのを待つのみとなる。

 

 

ところが意外な?事実が判明。

なんと、本は出して終わりじゃない。やっと戦いが終わったと思いきや、実は本当の戦いはこれからだったというロールプレイングゲームの裏面突入みたいな話。

そうです。本を書いただけで売れなきゃ自己満足、マスターベーション、紙の無駄で環境破壊、まるっきり疲れるだけなのだ。

こうして「やっと終わった!」と思った俺の役割は営業大作戦に移行する。

 

 



 

類書に大差をつけた営業戦略

出版不況の現在、本を何冊も出しているDaigo、堀江貴文、中田敦彦、池上彰といった超有名人の本でも10万部超えは本当に数えるほどしかない。

にも拘わらず、本書が無名のところからこれらの超有名人を差し置いて15万部発刊にこぎつけたのは実は彼らがやらない営業戦略があったからこそである。

くわしくはそのうち書きます。ぜひ知りたい方はリクエストください。

 

 

ベストセラーを生み出すのは難しいか?


 

電車とか雑誌とかの広告でよく、「7万部達成!」「10万部達成!」といった表示を目にしますが、これってスゴいんでしょうか?

100万部は誰でもスゴそうだと思うけれど、普通の人は10万部がスゴいのかなんてわからない。特に40-50代以降の人は「100万部」っていうのを昔よく目にしていたので、それが基準になってるようなフシがある。だから10万部って大したことないな、と感じる人だっているはずなのだ。

じつは私自身、かなり甘く見ていた。本を出せばどんな本でも最低でも5万部くらいは売れるんだろうと思ってプロジェクトはスタートしたのだ。

はじめっから業界事情を知っていたら私の無謀なチャレンジはそもそもあり得なかったかも知れないわけで、無知が生んだ奇跡のベストセラーと言える。

 

実際のところ、何冊くらい売れればヒット作と言えるのだろうか。

そもそもたくさん売れることを想定していない学術書のような書籍もあるのでジャンルごとに異なるが、一般向けの本としては1万部あたりがヒット作、3万部なら大ヒット作というのかおおむね出版業界でのコンセンサスになっている。

意外に少ないと感じた方も多いだろう。ちなみにこれは2020年時点での感覚。

10年前なら3万部でヒット、5万部で大ヒットということだったようだから今後ますます基準値は下がっていくだろう。

 

 

本の年鑑 (日外アソシエーツ)によりますと、2019年1年間の新刊はざっと52,000種類。

それぞれの発刊数はすべて公表されているわけではないが出版業界の人の現場感覚だと、驚くべきことにそのうち、重版にたどり着くのは1割程度だという。

一般に初版は概ね3,000~5,000部と言われ、重版とは初版の品切れが見えてきて追加で増刷することをいう。

つまり、9割の本は出ただけで5,000冊も売れずに終わりだということ。

なお、よく売れている本なのかどうかは重版されているかが一つの目安ということなんだが、重版かどうかは本の後ろに第〇刷などと記載されているのでこれを見ればわかる。

ちなみに出版社としては初版が売りさばければ赤字にはならない、という計算でやっている。初版の版代が高いのでそれを回収してしまえば、後のコストは印刷代だけで済むため、利益率が高い。そこで重版以降はお金を刷るみたいなもんだ、というのが出版社の考えである。

 

さて、インターネット普及が始まって以来、大抵のことはネットで調べれられるようになっているし、ご丁寧に自分で読まなくていいように要約して解説してくれるYouTube番組も少なくない。そうとなれば本を買うまでもないということで書籍の市場はどんどん小さくなっている。(私自身、本はまず図書館で借りて今後もずっと手元に置いておきたいものだけを買うというスタイルでいる。一回読めば済むような本は買う必要が無いという考えだ。)

さらに、書籍と言っても電子媒体も隆盛となってきて紙媒体の書籍市場自体が小さくなっている現在、ミリオンセラーは年間に数冊、という非常に狭き門である。ミリオンセラーまでいかずとも、10万部売れる本はごくごくわずかである。

年間5万種類のうちごく一部の書籍のみが10万部達成の称号を得ることができる。

その確率はざっと0.1%であろう。しかも10万部達成するのは常連の著作家とか芸能人・有名人が大半を占めると思われ、それ以外での10万部は相当のはハ-ドルだということになる。

本書籍は2020年春時点で15万部発刊である。冒頭で、たいして知名度のない状態でコネなし実績なしから出版にこぎつけるのはごくわずかであると述べた。さらにそれを15万部に押し上げた実績は控えめに言って奇跡である。

 

 

さて、よく言われる話なので印税について書いておこう。

巷で「夢の印税生活」なんて言ったりするけれど、99.9%の本は夢のような生活とは程遠い結果に終わるのが現実だ。

印税の話をちょっとすると、一般的に発行部数*定価の8-10%が一般的とされているものの、出版社の方針とか著者との力関係でこのレートは変動する。さらに初版については出版社のコストが大きいこともあり、印税率は上記の半分程度まで下がるのが通例。

初版の5,000部で終わってしまうと印税はせいぜい五十万円なら御の字であり、3-4か月も費やす労力と比してみれば大赤字確定だ。

 

もっとも事業主が出版する場合、印税収入よりも出版しているという事実自体に重要な意味があり、広告代わりという意味合いが強い。逆に広告代わりだと考えられないと労力にまったく見合わない結果になることは明白だ。

 

 

参考:自費出版と商業出版

出版には大きく二つあります。商業出版と自費出版です。

 

後者は自分がお金払って作ってもらう本。ざっと100万円で100冊が目安と思えばいい。

お値段は、文字だけの本か、フルカラーか、紙質はいいか、などでもかなり変わる。プラス執筆を誰かに頼むならそのお代も必要。自費出版は全てを自分の好み通りにできます。

基本、書店に並ぶことはありませんがアマゾンのオンデマンド印刷出版(注文来た分だけ印刷して製本して送ってくれる)という方法を使うこともできます。

自分の本が出た、という実績作りとして広告効果を期待する人は少なくありません。

一般の方は自費出版なんて言葉は知りませんので、本が出てるだけで会社や商品の信頼性がグンと上がります。

工務店の社長が自然素材の健康に良い家を建てようという内容で半分くらいは自社の宣伝という本を見込み客にプレゼントするというのはよくあるパターンです。

本を読んだうえで問合せしてくるようなお客様は成約率が極めて高く、特に工務店のような業態なら1人成約すれば利益が500万円くらいあるわけで、自費出版は住宅雑誌に広告を出すよりもめちゃくちゃ費用対効果の高い広告媒体になります。

似た例はたくさんあり、「ガンは治ります、この薬を飲めばね」とか、「美しい顔になります、私が手術すればね」という感じで高額の治療・商品・サービスを売る広告手段としてかなりコスパが高く、よく使われています。

 

 

他方、商業出版は出版社が製作費を払いますので自分のお金負担はほぼありません。

(とはいえ、執筆中は膨大な時間を無報酬で費やすことになります。今回の場合、すべて私が書いていますが、通常はライターを別途雇うことも多いので、その場合はこれが大きな自腹です。)

コネなしで郵送するのもアリですが、ふつうは編集者にコネのある人に依頼して出版社に企画書を見てもらい、首尾よく採用されたら出版に至ります。こっちは全国の書店に出ます。

商業出版では本に関する最終決定権は費用を負担する出版社にあるので、売れ行きに直結する可能性が高いタイトル・表紙デザインをどうするか、など重要事項は出版社の判断が最優先になります。

ここが理解できず、自分の意見を通したがる著者はよほど知名度がとあって本を出せば最低でも5万部は売れるような強力なファン層を抱えていない限り、総スカンを食い、出版界から姿を消します。商業出版ではあくまで自分の宣伝になる本を出版社の費用負担で出して頂く、ということを理解しておくことが必要です。

 

 

 

+-

ビラボディ 人気の記事


東大ストレッチ博士
東大ストレッチ博士

【東大ストレッチ博士】 学生時代より器械体操・空手・少林寺拳法・筋トレ・エアロビクス・バレエなどを経験し、自己流で高い柔軟性を体得。 解剖学や脳科学の観点からアカデミックに効率的な柔軟性向上と筋力強化に取り組む。 東京大学経済学部を卒業。 帰納的推論と演繹的思考がモットー。 意見を述べる際は理由と共に、を心がけております。 そうでなければ検証・反論が難しいからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA