Y字バランスができない!アラベスクがカッコ悪い!足が上がらない!

ヨロイを着てたら当たり前でしょう。

 

 

「3年もバレエに通っているけど、いまだに開脚もできない」「レッスンのたびに30分もストレッチしてるのにちっとも先生のようになれる気がしない」この記事はそんなストレッチに苦手意識をお持ちの方にお届けします。

 

3年間で成果が出ないのにあと何年頑張れますか?これまでと同じやり方を続けますか?

 

体質だから仕方ない、と諦めていますか?

 

あるいは洞察力のあるアナタならやり方が間違っているのではとうすうす気づいているかもしれませんね。

 

あなたは何度も「じっくり時間をかけて柔らかくするしかない」と聞いてきましたね。

 

それはウソではないのですが100%正しいわけでもないのです。

 

本気で柔軟性向上に取り組む気がある方には有用な記事となるでしょう。「どうせ私はカラダが固いから無理」と済ませてしまう方には得るものがありませんのでご注意下さい。

 

 

名付けて「土」開脚。その気になればこんなのだってできるんです。



 

 

 

身体が硬い理由は筋膜にあり


 

 

「筋膜リリース」という言葉はこの10年ほどの間に随分広まりました。

 

でも高齢者向けの肩こり腰痛改善という文脈で紹介されることが多く、あなたのストレッチと大きな関係があるとは思わなかったのではありませんか。

 

筋膜は全身を覆うボディスーツのようなものとイメージしてください。「第二の骨格」と言われるほど重要な役割を持っているのが筋膜なのです。

 

さて、この筋膜はコラーゲン繊維とエラスチン繊維とからなり、網の目のようになっており、さらにそれが何層にも重なって構成されています。

 

ちょうど薄い網状のものが重なったガーゼのようなものだとイメージすればわかりやすいでしょう。

 

そして筋膜はずっと座っていたり、スマホを見続けたり、肩にカバンをかけて歩いていたり、普段の生活のなかでどんどんゆがんでいきます。ゆがみを放置すると筋膜は固着し、動きが悪くなってしまいます

 

さらにそれが進むと固着した部分の面積が広くなります。動きやすかったボディスーツはいつしかヨロイのように固まり、全身の動きを制約するようになっています。

 

そうあなたはヨロイを着たまま生活し、ヨロイを着たままレオタードを着て、ヨロイを着たままストレッチをしていたのです。

 

 

  • 全身は筋膜で覆われている
  • 筋膜はどんどんゆがんで動きが悪くなる
  • さらに固着し、固まってしまう
  • そしてヨロイのようになってしまう

 

 

 

 

筋膜リリースで筋膜をほぐしましょう 筋膜リリースはヨロイを脱ぐ方法です


筋膜リリースの基本は「押し延ばす」です。コリやハリを感じる部分を圧迫しながら大きく動かすのが効果的です。

筋膜の主成分であるコラーゲンがゆるむには時間が必要なので一か所につき90秒から3分行いたいところです。筋膜を深層部までほぐすには絶対的に時間が必要なのです。

 

注意点ですが、筋膜は形状記憶スーツのようなもので一時的に柔らかくなってもすぐに戻ってしまいます。

体感的には30分で5割ほど戻り、24時間後にはすっかり元通りです。したがって継続が何より大事です。できれば1日に数回行うと良いでしょう。

ちょうど、輪ゴムを長く引っ張ってもすぐ元通りですが、何度も何度も引っ張ることを繰り返すうちに輪ゴム自体が緩んで力をかけなくても長くなるのと同様です。

 

なお、リリース後は組織内の有害物質を流し去るためにコップ一杯ほどの水を飲むことをおススメします。

一部、筋膜博士こと竹井仁先生著「自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド」を参考にしました。

 

筋膜リリースによって、筋膜の歪みを元に戻すことで、まるでヨロイを脱ぐように、体の動きを制限していた筋膜の固着を解消し、筋肉・筋膜・関節は本来の可動域を回復します。

 

ゆっくり反動をつけずに時間をかけて、というあなたがこれまで何度も耳にしてきたストレッチはヨロイの内側の筋繊維自体を増やす・伸ばすことを目的にしています。

それ自体は正しい考え方です。しかし、ヨロイを着たままでは筋繊維本来の可動域を活かすことができません。

 

そう、筋膜リリースでヨロイを脱ぐのが先なんです。

 

  • 押し延ばす、が基本
  • 継続反復が大切
  • ヨロイを脱がないと始まらない

 

 

 

 

全身をくまなくゆるめます


 

筋膜は全身に張り巡らされており、一部の歪みが全身に影響します。

 

是非この点を体感して頂きたいと思います。

 

立って前屈をして、エクササイズ前の感覚を覚えておいてください。どこまで指先が届きますか?ひっかかりがある所がありますか?

 

足の裏をマッサージします。手でもんだり、ゲンコツでグリグリしたり、青竹ふみしたりなど方法は自由です。ゴルフボールがあれば強めに踏んでコロコロするのが手軽でおススメです。カカトからつま先まで、また足裏の外側内側までマッサージします。これによって足裏の筋膜をゆるめることができます。

 

改めて立位前屈をやってみると倒れやすくなったのを感じるでしょう。普段運動しない人であれば、30秒ほどでも驚くほどの実感があります。

 

立位前屈で伸びるのは主に太ももの裏側から足裏からお尻、腰にかけてですから足裏をゆるめることでこれらの部位が伸びやすくなったということがわかります。

 

  • 一部の歪みが全身に影響するので全身をゆるめます

 

 

 

 

筋膜リリースの効果 血行改善でストレッチ以外の効果も期待できます


 

筋膜リリースは激しい運動ではありませんし、工夫次第でテレビを見ながら、家事をしながらでも取り組めます。やってみるとわかりますが5分ほどでも筋膜をほぐし、緩めるとカラダが温かくなり、全身の血行が良くなってくるのを感じます。血行が良くなると嬉しい効果が期待できます。

 

代謝がよくなりますので、痩せ体質になり、また肌の新陳代謝を活性化するので美肌効果が期待できます。

 

手足の末端の血流が改善することで冷え性・低体温を予防・改善できます。

 

老廃物がスムーズに排出されることになるので、むくみ解消につながりますし、疲労物質を押し流すことで疲れにくい身体になります。

 

血管にたまった毒素が排出されるので、免疫力向上に貢献します。生活習慣病予防に効果があると言えそうです。

 

 

筋膜リリース専用アイテムもあります


 

 

筋膜リリースは上述の通り、押しながら伸ばすが基本となります。

短時間で効果を上げるために筋膜リリース専用アイテムがありますのでご紹介します。

TVを見ながら、SNSでチャットしながら、家事をしながら、読書をしながら、という「ながらストレッチ」にも最適です。

なお、これらはヤフーショッピング内のビラボディ直営ショップにてお求め頂けます。私が自ら中国の工場から直接仕入れていますので中間マージンを排除し、お手頃な価格でご提供しております。

 

 

【マッサージボール】
キレイな色のボールだけが独立して動く特殊な構造が特長です。
ピンポイントで聞かせることができます。とりわけ胸・肩・首などに使うととても気持ちよくマッサージできます。お風呂の中でも問題なく使えます。浴室に常備しています。

 

 

 

【マッサージスティック】
複数の小さなローラーが独立して回転します。カバンにサッと突っ込んでおける所、手の力で加減を調整できるところが好評です。とりわけ足の各部位に使うのがおススメです。オフィス机の下と横に常備しています。

 

 

 

【フォームローラー】
いぼいぼのローラーが押し伸ばしに有効です。
サイズが色々あるのですが、細身のものがお子様や初心者にはおススメです。
下半身から背中、首とマルチに使えます。私のベッドには2本常備されています。

 

 

 

 

 

 

 


たかし
たかし

学生時代より器械体操・空手・少林寺拳法・筋トレ・エアロビクス・バレエなどを経験し、自己流で高い柔軟性を体得。解剖学や脳科学の観点からアカデミックに効率的な柔軟性向上と筋力強化に取り組む。東京大学経済学部卒業。